トップイメージ
寒さが増してきた頃には、晩酌はビールや焼酎から、日本酒に変わります。 普段飲むお酒は、金額的にも安い部類になりますがそれなりに工夫して毎日を楽しんでいるつもりです。 日本酒を温める事によって、体を温める事ができ少ない量でも悪酔いすることなく、次の日に影響が出ないためです。 つまむ物によって温度を変えるだけで飲みやすくさらに美味しく頂けると思っています。 今日はおでんなのですが、私は具が暖かいものなので、よく言うぬる燗の温度にします。 違うかもしれませんが確か45度から50度位の温度です。 今では電子レンジがあるので、温度設定は簡単にできます。 常温から人肌の温度もお料理を選ばず、楽しめますのでお勧めです。 お正月にはちゃんと湯で温めていますが、普段の日はさすがにめんどくさいですね。 ビールと違い温度を使い分けるのができる日本酒が晩秋から春先まで習慣になっております。 お酒の量は、美味しく頂いて気分良く終わりたいものです。

リンク

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.