トップイメージ
ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあり、治りにくさと跡の残りやすさから、大人ニキビのほうが性質が悪いです。 ニキビができる原因は人によって違いますが、ストレスや生活、食生活の環境の乱れからできることが多く、素人がニキビをつぶすとたいてい跡が残り、跡が消えるまで年単位の時間が必要になる場合もありますので、ニキビはつぶさないほうが良いでしょう。 皮膚科でのニキビ治療のひとつとしてニキビをつぶす、というのがありますが、専門器具をつかい、黴菌が入らないように抗生物質や消毒を処方してくれるので問題はありませんが、根本的にニキビができにくい肌になるべく生活習慣や栄養摂取を心がけ、肌のターンオーバーを正常化させてください。 ニキビは一度できると見た目的にも良くないですし、気になって触ると他の場所にもニキビができますので、絶対に触らないようにし、早寝早起きを心がけ、ビタミン剤なども上手に使ってニキビのできにくい肌になるべくがんばりましょう。

リンク

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.