トップイメージ

車の【全損】とは名称の通り自動車のすべてが壊れてしまう状況、走ることが出来ないような移動手段として任務を満たさなくなった場面で言われますが、保険における【全損】はちょっと異なる意味があります。仕事 辞めたい アフィリエイト

保険においては自動車が損傷を受けた時に全損と分損の2つに仕分けされ《分損》は修復費が補償金でおさまる場面を言い表し反対に『全損』とは修復費が補償金の額より高いことを表します。

自動車の修理で《全損》と判断されると車の心臓となるエンジンに致命的な損害があったり車のフレームが歪んでしまって直すことが無理な場合、再利用か廃棄と結論付けられるのが当然です。

けれど、乗用車の事故の後に修理業者や自動車保険会社がかかる修理のお金を予測した場面で、いかに見た感じがしっかりとして直すことが可能な状態でも修復費が保険金よりも大きかったら何のために保険に加盟しているのか分からなくなってしまいます。

そのようなときには全損と判定して乗用車の権利を保険屋さんに渡し補償額を受けとるようになっています。

もちろんの事ですがそれなりの期間連れ添った自動車で思い入れがあり、自腹で修理をしてでも乗りたいというドライバーは多く存在するので事態によっては自動車保険の会社と意見交換するといいでしょう。

なお、自動車の保険ではそういう時が考えられていて車両全損時諸費用補償特約等の【全損】の時のための特約ついている場面が多く、たとえ自分の車が(全損)なったケースでも車を買い換えるの諸経費を一部補償してくれる場合もあります。

更に盗まれた時の保険額の特約をつけていると、盗まれてしまった乗用車が発見できない場合も全損となり補償される決まりになっているのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.