トップイメージ

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売り買いして利幅を狙う商品です。クラチャイダムゴールド 口コミ

買ったり売ったりの値段は、常時変化しています。SIMフリー 電話番号

これがマーケットです。年賀状印刷 おすすめ 比較

インターネットでニュースをみていると、通貨の市場の情報が流れる場面があります。SIMフリー 電話番号

見かけるのが、「今のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。ゼロファクター

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表示しています。ワキガ チェック

つまり、売買には買値と売値の値が存在する事を示しています。クラチャイダムゴールド 口コミ

売値のことをBID、買値のことをASKと表現しているFX取引会社も存在しています。専業主婦におすすめのカードローンセレカの口コミ

普段は売値が買値よりも小さくなっています。ロスミンローヤル 口コミ

投資家が買値は高く、売値は安くなるのです。ライザップ リバウンド

この差額をスプレッドといいFX取引会社の収入のひとつとされています。

スプレッドはFX取引会社によって変化します。

スプレッド幅は利用者にとって支出となるので、低いFX会社を選択するほうが有益です。

ただし、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドの広さは変化します。

もし平常時はドル円のペアで1銭のスプレッドの幅であるとしてもレートの上下がかなり大きいケースでは1銭よりも大きくなります。

という事で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい、変化が小さい事が重要です。

現在では固定したスプレッドの幅を表示するFX取引会社も多数あります。

実際にFX会社の売り買い画面でレートを見なければ判別できないので面倒くさいですが必要不可欠な事です。

貴重な財産を使ってトレードするのだから現実の取引の前に、興味がある業者の取引するための口座開設をして、提示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

同じ通貨ペアでも、為替相場のボラティリティによって外貨のスプレッドの差は変化します。

いつもはインターバンクで流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が小さくあとのペアでは拡大する傾向にあります。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.