トップイメージ

借入に関しての支払い方式はカード会社各個で相当へだたりがあり様々なメソッドがとられてます。

類型的なところではスライド法やリボ方法などが多いみたいです。

そしてこんな誰しもが聞いたことがあるリボルディングですけれども実を言うと計算形式に多様な方式というものがあったりするのです。

それゆえしかような方式に応じて引き落し合計額が違ってしまいますので、知っていて損はないはずです。

そうしたら簡単に両者のメソッドの相違を説明していきましょう。

ひとつは元金均等払い、二つめは元利均等払いというものです。

これらはそう呼ばれているように元本について均一にして支払っていくというのと、元本と利子についてを合わせて均分に返済していくという方法になります。

この場ではもしも10万円カードローンをしたと仮定し、実際のところ如何様な勘定をするかやってみます。

利息についてはどちらも15%と設定して試算します。

それからリボルディング払いに関する返済は1万円というように算定します。

まずは元金均等払いからです。

こういうケースの最初の引き落しについては1万円へ利息分1250円を加算した額となります。

次の引き落しは1万円へ利子1125円を足した支払いへとなります。

こういうふうにして総回数10回で引き落しを終えるといった方法です。

これに対して元利均等払いというものは最初の支払については1万円でそこから元本に8750円、金利に1250円と言うように分配するのです。

次回の支払いについては元金が8750円へと減った状態で利子を算定し、1万円から更に分配するのです。

つまり元利均等払いのケースは10回で支払いが終了しないといった計算になってしまいます。

たったこれだけの相違で二方がどれぐらい相異なっているかわかったと思います。

元利均等とは元金均等に比肩してはっきりともと金が縮小するのが遅いと言うマイナス面というものが存在するのです。

別言すれば利息というものを多く出すということになるのです。

一方で1度目の支払が小さな額で済むと言う強みというものもあります。

斯様な支払手法に関してのずれに連動して支払い合計金額というのは変わってきますからご自身の計画に合致する使い方を取るようにしてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.