トップイメージ

カードローンの引き落しで多く設定されてるのがリボ払いという形式です。MVNOで格安スマホを使う

極端な例では一回払いを設定せずに、リボルディング払しか設定していない企業というのもあります。

なぜかというと一括引き落しだとカード会社の利益率が少ないのでリボルディング払を設定して利益率を上げるのが目的だからなのです。

それプラス消費者側もリボ払での支払いにする方が直観的に理解しやすく、きちんと返済できるということで喜ぶ方もたくさんいるのです。

ですがこういったことが却って借り過ぎてしまったという事態になることもあったりします。

というのも初めて借金をするときはどんな人もけっこう考えるものです。

当然ですがキャッシングイコール債務者になるということに他ならないからで誰かに金銭を借りるというのは心理的に嫌がられます。

ところが1回でも経験してしまいましたら、容易さからタカをくくってしまうことから、限度額に到達するまでお金を出してしまう人が多かったりもします。

加えて、数ヶ月間引き落しがされて、いくらかの借入枠が出来たという際にさらにキャッシングしてしまう。

こういうのが借入の恐ろしいところです。

リボルディング払は特性上小刻みにしか借入金が減っていかなかったりします。

したがって、前述のような行動をしてしまうと、ずっと支払わなければいけないことになってしまいます。

こうしたことにならないようにするために確実に使う額しか使用しないといった強い精神力と、プランニングが必要なのです。

ここで気になってくるのが仮に限度額まで使ってしまった場合、カードはどうなってしまうかということですが設定したカードの上限枠というのは、その使用者に設定された限度なわけですからたとえ上限枠一杯に到達するまで使ってしまっても引き落しが遅滞なくなされていればカードが利用できなくなるといったことはありません。

特典などが加算されるようなものなら使った金額のポイント等がついていくようになっています。

カード会社にとっては願ってもないお客さんとなるのです。

反面引き落しが規定回数遅れる場合、印象は悪化します。

カードの利用停止措置等の処理が与えられる場合もあります。

カードが使用できなくても当然完済するまで支払う義務があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.