トップイメージ

重量税という税金は国内メーカーの自動車とか外国の車等自動車の生産国やハイブリッドカー、ステーションワゴン等自動車の形に例外なく、例えば、クライスラー、等にも同じように掛かってくる税なんです。

新車登録をする時、もしくは車検を受ける場合に支払う必要があるお金になります。

その支払額は対象となる愛車の重量によって決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」では完全に違う税なのできちんと理解をして間違えないようにする必要があります。

「自動車重量税というものは大きさによって」「自動車税という税金は車の総排気量によって」金額が異なります。

それにより買い取りする場合の扱われ方違いますので、注意が必要です。

車を買い取ってもらう際には既に納めた自動車の税金がどれだけ残っていたとしてもその金額が還ってくるようなことはないですが、一方自動車税の時は、支払った金額を査定額に乗っけてくれるようなことがありますが、重量税の時は上乗せしてくれるという場合はほとんどありません。

重量税の場合は、売却時に支払い済みの税金があるからと言って中古車の専門業者側でその事実が材料になる場合はほとんどないと思います。

そのためその次の支払い要は次回の車検まで売るのを少し待ち手放すというのが無駄は少ないと思います。

車の買取時は考慮していただけない重量税ですが、特定の事例でしたら返還される可能性があります。

というのは、車検期間が残存している自動車を廃車処理する時です。

つまり抹消登録をした場合、残っている期間に応じて税金が還付されます。

ただし車売却の時はその車が廃車になるのとは違って返ってきません。

それから、売却する車の名義変更をした場合や盗難にあった際も返還してもらうことはできません。

重量税が残っている期間があるクルマを手放すというのはつまり車検が残っている自動車ということです。

その辺りを買取側も配慮しますので、重量税の残存期間があれば、買取額があがることでしょう。

もちろん、売却額は店次第で変わりますが車検が残っていることを考慮していただければ、クルマの売却額と比較するとそれほど払い損ということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.nltic.com All Rights Reserved.